今年の引越し業界は盛況のようですね。

元々一年の中でも3月の半ばから4月の半ばまでは引越しの件数が一年で最も多くて
年間の引越し件数の4割程度が集中するらしいのですが今年は増税前とかアベノミクスで
景気が良くなってきていることもあってか引越し件数が例年よりさらに多いみたいです。
引越し業者からするとこんなに喜ばしいことはないと思いますがあまりにも多すぎて
逆に人手だったりトラックが足りなくなっているみたいですね。
なので引越しの一括見積もりサイトなんかを使って見積もりを頼んでも断られるという
ケースも多くなっているそうでさすがにこの時期になってからお願いするとなると
現状では業者の確保すらままならないような状況になっているそうです。
引越し料金も例年より高くなっていて倍ぐらいになるパターンもあるんだとか。
自分もこの前引越しをしましたが時期的には割と引越しの少ない時期でしたしそんなに
業者が見つからないということもなかったのですが結構何かをする時にはギリギリになってから
動き始めるので今年に限っていえば自分のようなタイプの人は引越し業者が見つからなくて
焦っているかもしれませんね。
大体引越しの準備は1ヶ月前とか2ヶ月前から始めるのが理想と言われていますが自分は
2週間前とかこれまでの最短でいうと1週間前ぐらいになって初めて動き出すのでそういった人は
繁忙期の引越しにはあまり向いていないのかもしれませんね。

今年の引越し業界は盛況のようですね。

散歩で新たな発見

今日もブラブラと散歩していました。
普段あんまり動かないのできっと普通の人が一日に平均で歩く距離を大きく下回っているので
特に用事もなく一日一時間ウォーキングというよりも散歩のようなことをしています。
基本的には家の周辺なのですがどこに行くとかは特に決めてなくて行きたい方角に進んでいきます。
一時間なので30分ぐらい適当に歩き続けたらそこから帰るような感じですね。
結構長く住んでいる地域なのですがちょっと歩くだけでこれまでに見たことがないような
ところに行けるのでそれがちょっとした楽しみというかストレス解消のようになっています。
今日も普通に歩いていたら川とも言えないような小さな水の流れがあるところがありました。
そしてその両側には桜が植えられています。
きっともう少しして桜が開花したもっと綺麗な景色になっていたことでしょう。
そんなに遠くない距離なのですがこれまで気が付かなかったことに逆に驚きです。
いかに普段限られたエリアだけで生活しているのかがわかりますね。
歩いている途中で結構良さげな飲食店なんかも見つけたりして何かと発見が多いです。
運動の目的もしっかり達成できていて一時間ぐらい歩いているとジワッと汗をかきます。
きっと走ればかなりの運動になると思いますがこれぐらいが今はちょうどいい運動量です。
さすがに雨の日は外に出る気力が出ないのですが晴れている日は続けようと思います。

散歩で新たな発見

綺麗になるために

現在40代ですが、30歳を過ぎたあたりから太りやすくなったり、肌の老化を感じるようになりました。
化粧品やサプリメントに力を入れてみるも正直実感が湧かないのです。
それで色々な美容本を読んでみて体に入れるもの、つまり食生活が本当に健康、美容に大事なんだと思うようになりました。
油っぽい洋食も好きですが、和食を中心にした食事に変えてみました。
食事には大抵、漬物や生野菜を付けるようにしています。
生ものには酵素が含まれていて、酵素が消化を助けてくれるので食事の際には生ものを食べてから加熱したものを食べるようにしています。
漬物は以前は近所のスーパーの出来合いを買っていたのですが、保存料が怖くなったのでこの5,6年は自分で漬物を作るようになりました。
漬物の容器はネットで簡単に水抜きが出来るタイプのものを購入したので、水っぽくならず毎回美味しく頂いています。
糠に関しても、既に旨み成分や鉄粉、唐辛子などが入ったものを購入してるので漬物の色が悪くならずに済んでいます。
自宅で漬ける漬物は本当にお勧めです。

綺麗になるために

いきなりで困る

この前マンションの工事だか点検だかで水道が止まりネットや電話、一部電気が止まりました。
不幸なことにそれを知ったのがその点検が始まった数分後でした。
もちろんこういうことはいきなりやるわけじゃなくて事前に連絡があります。
そういえばポストにそんな手紙が入っていたなと後になって思い出しました。
そして当然多くの人が住んでいるわけなので時間も考えられています。
普通の生活をしていれば平日の深夜帯というのは寝ている人がほとんどですからね。
しかし不幸なことに自分の生活はそんな普通の人とは真逆なので思いっきりアクティブな時間を
直撃していてもし事前に知っていればというか覚えていれば対策をしていたと思うのですが
もはやそれすらもできない状況になってから気付くというミスを普通にしてしまうわけです。
エレベーターなんかも止まっているのでマンションから出ることすらできません。
唯一の救いとしては電気が完全に止まったというわけではないということでしょうか。
少なくとも生活に必要な範囲では電気が使えていました。
それにしてもやっぱり急に普段当たり前のようになっているものが無くなったりすると
こんなに困るものなのかと人生で100回目ぐらいの再確認ができました。
とりあえず水道が止まってしまっている状態で便意を催さなかったことだけが救いでした。

いきなりで困る